多次元占星学と魔法生活

私が私であるための 新しい時代を生きる道しるべ・多次元占星学による日常的開運魔法生活と魔法の学校

射手座満月

野の花

 

 

6月がスタートして5日目の本日です。

明日6日午前4:13が満月時ですので、今夜はまん丸お月様が夜空を飾りますね。

 

皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?

 

ブログの更新がまた少し空いてしまいました。
お話ししたいことがたくさんあるのですが、個人的なことで時間を大きく使わなければならない状況が4月の末から生まれています。

これも現在の大変貴重な時空間で生まれたことなので、ネガティブに捉えず出来事から貴重な経験と学びをいただいていると思って、粛々とコトをこなしています。

 

この6月、私はひとつの大きな分岐点のように感じています。

 分岐点とも言えるし、山場とも言えるかもしれません。

昨年末の冬至から太陽がホロスコープを半周する夏至も今月ありますね。こ年の夏至はまたとてもパワフルで。

 

今年はとにかく1年を通して分岐点であり、山場でもあるので、否応なしに生活のリズムを変えざるを得なくなったり、いろいろ考えざるを得なかったり、振り回されたりと、今までからしたら非日常が日常となっている日が長く続いているので、今からまだ越えなくてはならないことがあるの?とうんざりの方も多いかもしれませんね。

 

こうした状況を楽しめている方も少なからずいらっしゃるかとも思いますが。

 

 今月は暗いトンネルを抜けていくようなイメージ、と言えば頷いていただける方も多いのではないでしょうか。

 

ここで迎える満月のテーマは、嘘、欺瞞、そして真実です。

世間の嘘や欺瞞に気付く、そして自分自身の中にあるそれにも気付けたらいいですね。

 

真実とは何か。

 

今回の満月は、射手座の満月です。

ホロスコープで満月は、月と太陽が真向かいになります。

 

 

2020.06.06満月時チャート

 

 

射手座の月の真向かいには双子座の太陽が、そしてそのすぐ脇に金星があります。

そして今回の満月時のチャートでは、太陽と月に割って入るように魚座の火星がスクエア(90°)に在位します。

少しずれたところに海王星もいます。

 

射手座は真理と関連します。双子座は理由付けに関連します。金星は愛と平和を象徴します。

魚座は信じることと関連します。

 

私は一生懸命何を信じてきたのか、真理・真実と思ってきたことは何だったのか、いったい何を求めてきたのだろう。

そんな思いが表面化しやすいのが、この満月の頃かと思います。

 

また自分の無力さを感じやすくもなりそうです。

 

でも、それらの疑問やネガティブな感情はトンネルを抜けるためのプロセスだと思ってください。

 

今年はそうしたネガティブな心理状態に陥る方は多いと思います。

 

でも、それはとても大切なことに気付くためのチャンスです。

無理に明るくなる必要はありません。

無理に明るくなろうとして、無理にポジティブになろうとして、そうして自分自身をだますことの方が危険だと私は思っています。

 

闇から学ぶ。

 

暗闇の中での気付きこそが光ではないでしょうか。

現実逃避をしたり、頑張って光を求めたりしても、その先にあるのはまやかしの光であることがほとんどだと思います。

 

闇と穢れは同一ではありません。

闇は恐ろしいものでもありません。

闇は単に見えない状態です。見えないから怖いし、不安になるし、無いものにもしたくなる、消したくなる。

でももし見えていなかったことに気付いたら、闇は闇でなくなっていくでしょう。

 

闇は恐ろしいものではないけど、恐ろしいと思ってはいけないものでもない。

 

夜は暗くなってくれるから、私たちは思い切り夢の世界の旅ができるんですよね。

 

伝わりましたでしょうか?

 

ちょっと取り留めなくなってしまいましたが、本日はこの辺で~。