オープンセサミの占星術や日々のあれこれ

空と大地に親しむ生活日記

秋分が近付いてきた

2022年9月15日(木) 午前・霧雨→曇り

 

昨日は夜になるまですごく暑かったのに、今日は秋の涼しさ。

霧雨が降ってきたけど、丁度良い涼やかさで心地良い。

 

近所で曼殊沙華が咲き始めて、その赤が緑いっぱいの景色に映えて美しい。

薄オレンジ色のエンゼルトランペットも少し前から咲き出し、その様は目にも楽しいが、朝夕に漂わせる香りがたまらなく好き。

ピラカンサの実は朱色になってきた。

サルスベリはほんの少しの花を残して、夏の名残りそのものだ。

あと1週間が過ぎると秋分になり、太陽は天秤座に入る。

いま太陽がいる乙女座は夏の終わり、秋の気配を感じる時節のサイン(星座)。

暑かったり涼しかったり、台風で大地が洗われたり(人間にとっては厳しい体験になったりもするが)、目に留まる植物たちが移り変わる様から太陽乙女座の時節を実感する。

 

季節の移りを感じて、衣類などの整理をしたくなったりもする。

日の暮れる時間が早まってきたことも実感しやすい。日が延びていく頃とは違って、なんとなくもの侘しさが入り混じり、まだ先ではあるが、やがてやって来る冬の寒さに備えて身の回りを整えていかないとと思ったりもする。

これらもとても乙女座らしい事柄だ。

 

乙女座は他に穀物や備蓄にも関連付けられている。

今年の太陽乙女座の時節は小麦をはじめ大豆やトウモロコシなどの高騰や不足がいよいよ深刻化していきそうな兆しを感じさせ、食料危機を真剣に心配している人も少なくはない。

備蓄や農業については、牡牛座の得意分野でもある。

これらについては、改めて書いてみたいと思います。

 

 

曼殊沙華

 

 

エンゼルトランペット

 

 

ピラカンサ

 

・・・・・・・・・・・

【告知】

2022年10月のパリサ邸・星のお茶会

・てんびん座について

・年末までの星の影響(全体,個人)他

10月7日(金)、9日(日)13:30~3時間程度

参加費 3,000円(スペシャルスイーツ付)

 

ホロスコープを読む基本

2022年9月14日(水)朝・薄曇り時々晴れ

 

昨夜は月一のリモート講座だった。

一昨日からそのテキストなどを書いていて、昨晩深夜に全部ができた。

いつもはもっと何日もかかっていた作業だが、すごく集中出来て早く仕上げることができてよかった。

先月のテキスト作りから集中できるようになった。

この調子が続いてくれるといいのだけど。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の講座では、今年の秋分図をもとに、アスペクトとディスポジターツリーを重点的にやった感じ。

アスペクト*1はひじょうに大きな課題なので、まだまだ深めたり広げたりしないと。

 

占星術のテクニックはものすごく多い。

網羅をするとなると、いやはやどこまで広げればよいのやらというくらい幅も広い。

私としては、やたらとテクニックの種類を広げていくよりも、まずは基本的なテクニックをあるていどしっかり深めた方がホロスコープを読めると思っている。

占星術をやればやるほど「基本が大切」ということを実感してきた。

 

実際のホロスコープでアスペクトの象意を読み取るのは、なかなかに難しいものがある。

占星術をはじめたけれど、アスペクトでわからなくなった。頭が混乱した。といったことはよく聞く。

 

アスペクトを読み取るのは、サイン*2と天体*3の理解度に大きく左右される。

サインと天体それぞれの性質と相性、

そしてサインと天体を組み合わせた性質、・・・月は牡羊座では、金星は牡牛座では、といったこと。

 

サインは12あり、天体は最低でも10個を使う。その性質をそれぞれ覚えないとならない。

12個のサインの性質を把握するには、2区分、3区分、4区分といったグループ分けを覚える必要があり、2区分、3区分、4区分それぞれの性質も覚える必要がある。

 

それからルーラーシップというそれぞれのサインには担当する天体があって、それを覚えるのも必須だし、その他にも覚えておくべきことはある。

 

そうした上で、蠍座の水星とか山羊座の火星といったような、サインと天体を組み合わせた性質を知っていくのだから大変だ。

けど、この段階を踏まないと占星術の仕組みがわからないから、後々、それこそアスペクトでわけがわからなくなってしまうことになる。

 

サインと天体の組み合わせは、最低でも12サイン×10天体だから、全部で120通りにもなる。

この数を聞くと頭がクラクラしてしまうようだが、前段階のサインの2区分3区分4区分とかルーラーシップとかを含めたサインそれぞれの性質と、天体それぞれの性質をちゃんと覚えて理解しておけば、120通りにもなるサインと天体の組み合わせも、ある程度の時間と労力は必要かもしれないが把握するのにそこまで大変になることもないと思う。

だからこそ、基礎のひとつひとつが大切だと思うのだ。

 

そしてアスペクトとなると、計算するのも嫌になるほどの膨大な組み合わせができるわけで、主要なアスペクトで形成されるものだけでも丸暗記ではあまりにも非効率に思えるし、そもそもアスペクトを筆頭に、ホロスコープを読むのは暗記だけでは難しいものがある。

だからやっぱり、基礎のひとつひとつが大切だと思うのだ。

 

サインひとつひとつと、天体ひとつひとつの理解から、サインと天体の組み合わせのひとつひとつがわかって、

スクエア(90度)やトライン(120度)などアスペクトの基本構成と作用がわかって、

そうしたことではじめて実際にホロスコープ上のアスペクトを読み解いていくことができるようになるし、重要すべき箇所や影響の範囲などをつかみやすくもなる。

 

だからやっぱり、基礎のひとつひとつが大切だと思うのだ。

土台がしっかりしていなければ、家が傾いてしまう。

ほんと、そのとおりではないですか?

 

 

占星術のテクニックはものすごく多くて、専門用語もものすごく多い。

それらを覚えていくのは、知識が増えていく嬉しさ楽しさがある。

楽しめることは何より大切と思うし、テクニックを覚えれば覚えるほど読めることも当然多くなるし、

 

けれど、ひとつひとつを深めて突き詰めていきたくなってしまう「蠍座の月」がここにいるのです(笑)

*1:天体と天体が影響しあう特定の角度とそれによって生じる象意

*2:星座

*3:太陽・月・惑星

浮き沈み

9月12日(月)午前・晴れ

 

昨日は母からの要望があって、一緒に家電店やら回って、ほぼ一日が終わった。

夜には月に木星が寄り添う様を見たいと、何度か外に出て空を眺めたものの、雲が多くて一昨日の中秋の名月のように輝く月と木星を見ることはできなかった。

残念。

 

少しの間、雲の合間に見えた月は、まだ満月の様相で、知らなかったら今日が満月と思うだろうな。

同じように形はまん丸なお月様だけど、雲のわずかな合間に見えた月と晴れた空にピカーっと輝く月の違いよう、まるで別物だ。

 

一昨日、あまりに美しく輝く月と木星を見たおかげで、私の頭の中にはそのイメージがしっかり残っていたから、昨日の夜は雲がかかりやすいとの予報を知りながらも、早めの時間帯なら綺麗に輝く月と木星が見えるだろうとの期待しかなった。

 

その期待はあっさり裏切られて、雲に覆われた空は暗く、ようやく見えた月も黒い薄雲がかぶさって、不穏な空気が漂うようにも受け取れるような感じだった。

木星は一瞬だけ存在を確認できたが、近くにあることを知らなければ、無いのと同じだった。

 

こんな些細なことでも、期待を裏切られると、気分は若干沈む。

また、なんとなく不穏なイメージを受け取ると、嫌なことが起きる前兆ではないかとも思ってしまう。

 

ようは、気分が上がるようなことがあれば、その流れが続くように思えてしまったり、逆もまたしかりで、

 

けど、今回期待を裏切られたように、すべては常に変化の中にあって、反転を繰り返して流れていくことを改めて実感したのでした。

 

そして古代の人は、こんなふうに実際の空を眺めて、その様相から吉凶を予測していたのだろうなと思います。

 

 

 

月と木星のコンジャクションon牡羊座

2022年9月11日  午前

 

昨日は中秋の名月で、とても美しい満月を見ることができた。

満月時は18時59分で、月の出時刻は18時過ぎ。

ホロスコープ上では昨日、月は魚座6度から20度を運行し、牡羊座6度弱に木星があって、空を見上げると、満月から少し離れたところに木星があって、木星は満月の明るさの中にあっても美しく輝いていたから、中秋の名月と木星の競演がそれはもう美しかった。

 

今年の夏は暑さがとても厳しくて、最高気温が37度とか38度とかいう日が何日も続いて、9月に入ったら過ごしやすくなるかと期待をするも、気温が下がっても湿度がやたら高く梅雨がやってきたみたいで、日々の気候が疎ましく思えてならなかった。

 

世界の動きや社会の動き、それに加えて今年は個人的に心労を伴う出来事が続いてきたのもあって、気持ちが低かったり暗かったりが長くて、加齢のせいも多々あるのだろうとは思いつつも、また泣きたくなるほどめっちゃしんどいというほどでもないけど、じわじわしんどいというのが春からずっと続いていて、まあとにかくあれやこれやで気持ちが暗くなりがちだったということです。

 

そうしたところで、昨日の中秋の名月の美しさは久しぶりに心を洗われるような気持ちになれたし、木星が近くにあってくれたおかげで、根拠ないのになんとなく心に希望が湧いてきた、そんな気分になれました。

 

木星は太陽系で一番大きな惑星で、空には白く大きく輝いて見える。

木星が「ギフトの星」とか「希望の星」と言われるのは、すごい納得。

 

今日はホロスコープ上で、月と木星が牡羊座でコンジャクションとなるから、夜には少しだけ欠けた月と木星が大接近している様が見えるでしょう。

飯能では夜8時くらいから雲が増えそうなので、その前に空をみるようにしたいな。

忘れないといいけど(笑)

 

昨夜はホロスコープ上で月が魚座海王星を通過して、それから本日は月が牡羊座木星を通過。

秋分を前にして、大きなリセットが入ったように思える。

今日の飯能はここしばらくの不快指数の高い気候から一転して、秋の訪れを感じられる爽やかな風がそよぐ快晴のお天気。

天体の動きと相まって、気持ちが上向く感じが強く現れています。

 

再開&ブログのタイトルを変更しました

一年近くブログを放置してしまいました。

この間、個人的にいろいろあって、再開の頃を見計らってはいたものの、続けていける自信もなくて、けど、書き留めておかないと忘れていってしまうこともたくさんあるから、記録をしていくことは大切という思いもあり、また自己発信というかアウトプットをしないでいると、脳みそが衰えていってしまうとも思ったり、

 

魚座満月、ということは太陽は乙女座の位置での満月で、中秋の名月!

そして水星逆行スタートでもある今日は、再開のタイミングとして相応しい日であると思って、意を決してというより、あまり深く考えず、またストップしてもそれはそれでといったところで、とりあえず書いてみることにしました。

 

あまり気負うことなく、日々あったこと、思うこと、そんなことなどを記録していくという形にしていきたいなと、今はそう思っての再開です。

 

だから、今はまだ再開を誰にも告げず、とりあえずは自分のためにひっそりと書き綴ってみようかと。

そして少しずつ、発信を再開していけるように。

 

そんなこんなで、ブログのタイトルも変更しました。

今の自分に合うように。肩ひじ張らず、気負わず書けるように。ということで。

・・・・・・・・・

 

2022年9月9日(金)

パリサ邸で星のお茶会 参加者3名

・乙女座について

・子どものソーラーリターンチャートを読む

 

2022年9月10日(土)

パリサ邸で星のお茶会 参加者3名

・2026年までの主にアウタープラネットの星座移動とネイタルチャートへの影響を読む

・乙女座について

 

・・・・・・・・・・・

【告知】

2022年9月のイルパライソ・星のお茶会

・アスペクトの初歩(ネイタル,トランジット)

9月16日(金)14:00~2時間半程度

参加費 2,500円

 

2022年10月のパリサ邸・星のお茶会

・てんびん座について

・年末までの星の影響(全体,個人)他

10月7日(金)、9日(日)13:30~3時間程度

参加費 3,000円