多次元占星学と魔法生活

私が私であるための 新しい時代を生きる道しるべ・多次元占星学による日常的開運魔法生活と魔法の学校

5月7日蠍座満月から5月14日木星逆行開始までの星読み

春の野の花

 

 

ついこの前は、ちょっと動くと汗ばむような陽気だったのに、今日は寒い。

沖縄では、1時間に110ミリの記録的短時間大雨が降ったところがあるとか。

今年も豪雨は心配ですね。

 

 

明日5月7日は蠍座の満月です。

そういえば、昨夜未明に千葉県北西部震源震度4の地震がありました。

ここ数日は要注意ですかね。満月付近は地震が起きる可能性が高くなります。

太陽は大地を司る牡牛座ですし、同じ牡牛座にはアクシデントをひとつの象徴とする天王星がいますし。

ちなみに5月1日は天王星と太陽がコンジャクション(0°)でしたが、前日の4月30日から地震多めでしたね。

 

 

 

2020.05.07チャート



 

5月7日満月時のチャートです。

 

4月28日に水星が牡牛座へ入って以来、天体の星座移動がありません。

更にゆったりマイペースを象徴する牡牛座に太陽・水星・天王星と3天体が集合してますから、停滞感がたっぷり漂う感じになっています。

実際、コロナと自粛でもうぐったり飽き飽き、という方は多いのではないでしょうか。

 

11日13:10に土星が逆行を始めます(9月29日15:40まで)

13日13:17に火星が魚座へ動します。同日15:45には金星が逆行を始めます(6月25日15:48まで)

そして次の日14日23:00には木星が逆行を始めます(9月13日09:03まで)

 

こうした動きがあるものの、風のサイン水瓶座で活発に働いていた火星は水のサイン魚座へ入ると活力が静まります。

そして土星、金星、木星と天体が続けざまに逆行に入ります。

3月26日から逆行している冥王星を含めると、5月14日から4天体が逆行ということになります。

木星以遠の逆行期間は長く、影響がそれほど大きなものではないのですが、多くの天体が同時期に逆行となるとそれなりの影響力を出してくると思います。

金星の逆行は影響力が強いです。

 

逆行は停滞、見直し、やり直し、振り返りを象徴します。

逆行に対しては嫌な印象を持つ方も多いかと思いますが、けして嫌なことばかりとつながるわけではありません。

振り返る機会を与えてもらっていると思えば、なんとありがたいことでしょう。

 

金星の逆行は、愛情関係を含めた対人関係・経済的なこと・趣味楽しみに影響します。

ただ、今回の金星逆行は双子座で起きるので、商売をはじめ経済への影響が特に大きいでしょうね。

倒産・閉店・閉業のニュースが増えてきますね。

特に旅行業・観光業のダメージは大きいでしょう。

証券関係も危ない。

自粛要請・休業要請の影響が経済に与えたダメージが結果として大きく現れてくるのが今年の金星逆行期間となるでしょう。あぁ。。。

 

このように、全体的にはしばらく重い空気が漂うであろう蠍座満月からの流れであります。

まだ先は長いので、余裕のある方はあまり力まず、粛々とすべきことをしてゆきましょう。

 

そういえば、このGW中は家の片づけをした方多いみたいですね。

畑やプチ菜園を始めた方も多かったみたい。

牡牛座パワーが活用されてるな、すごくいいなと思いました。

やはり人は無意識に星の影響受けているのだなぁと思いました。

 

そして本日からの三日間、頑張らなければならない人は、蠍座満月のパワーを借りて、自分の底力を信頼して臨んでください。

今ならやれる。きっとやれる。

 

頑張らなくてよい人は、様々な情報源から離れて頭を休め、なるべくゆっくりなペースでお過ごしください。

土や自然と触れ合うのもお勧めです。