多次元占星学と魔法生活

私が私であるための 新しい時代を生きる道しるべ・多次元占星学による日常的開運魔法生活と魔法の学校

2020年3月10日満月から24日新月までの星読み

3月10日(満月)~3月24日(新月)までの星の動きをざっくり読みます。

 

3月10日前後

3月10日魚座の満月です。

この日は逆行していた水星が順行に切り替わる日でもあります。

その前段階として、3月8日に太陽と海王星(魚座)、金星と天王星(牡牛座)の合がありますし、山羊座では、土星・冥王星・木星・火星が接近中でもあり、

このあたりの日は何かが起きそな予感が強くなる星の配置となっています。

(それは良いのか悪いのとか気になる方もいらっしゃるかと思いますが、誰にとって・何にとって・どういう次元でと、捉え方によって変わってしまうし、そもそも良いか悪いかといった目線で見ていないんです。)

 

 水星の動きから

魚座で逆行していた水星は、3月4日に水瓶座へ戻り、3月10日に順行となって、3月16日に再び魚座に入ります。

水星が水瓶座に滞在する12日間は、どのような情報が出て来るか、また個人的に受け取る情報についても、私は気を付けていたいと思っています。

 

なぜかというと、

水星は情報を司るのですが、魚座においての水星はあやふやになりやすいんです。

「はっきりしない」「抽象的」「変化しやすい」という性質が魚座にあり、水星は魚座において力を発揮しづらいフォールという配置になります。

転じて水瓶座は知性や情報を象徴する風のエレメントであり、社会性や客観性を持ち、水星は水瓶座において働きが活発となるエグザルテーションという配置になります。

 

更にここでの水星の動きは水瓶座の28度から29度になります。このあたりの度数での惑星はエネルギーが強まるということもあります。

 

ですので、核心にせまる情報や信ぴょう性の高い情報が出てくる、またはキャッチできるといったことが期待されるのです。

隠されていた情報が明るみに出る可能性も。

個人レベルでは、人とのつながりやコミュニケーションが広がる可能性も想像できます。

3月4日から16日の間で出会ったりコミュニケーションをとった人とは、今後ある種特別な間柄になることを示唆しているかもしれませんね。かもですよ、かも(笑)

 

 

3月16日頃

 

f:id:desertrose2001:20200301145620p:plain

*1

 

 これは2020年3月16日正午のチャートです。

☿水星が♒水瓶座から♓魚座へ入る直前に位置しています。

♑山羊座では♄土星が♒水瓶座に入る直前に位置し、♇冥王星・♃木星・♂火星が接近しています。

 ♓魚座☉太陽と♐射手座☽月が90度で、この日は下弦の月です。

 

かなり緊張感漂う配置。

新しいフェーズに向けて慌ただしさと緊張感が増しそうです。

満月で現象化したことを消化して次の新月へ向かう調整の時とも言えます。
忙しい人はめちゃくちゃ忙しいでしょうね。

人によってはものすごく頑張れちゃうかもしれないですけど。

18日は♇冥王星・♃木星・♂火星の固まりに更に月が重なります。忙しすぎて大変過ぎて心身共に緊張がピークに達する可能性あります。ピークを越えて爆発する可能性もありますし、爆発しそうなのを抑えて頑張らないといけない状況も想像できます。

町にヒステリックな現象が起きないことを願うばかりです。

 

3月20日頃

そして新月を迎える前に春分。

 

 

f:id:desertrose2001:20200301163534p:plain

 

この日は20時過ぎに♃木星・♂火星が完全に合。

ただでさえパワフルな山羊座の火星が木星によって更に増強するのか!?

そして冥王星はどう絡むのか? 土星もいるよ?

始まっちゃう、始まっちゃう。

という感じなのですが、

 

占星術では1年の始まりを春分とし、春分時のチャートで社会や国家の1年を占うという方法があります。

詳しいことはまた今度に譲るとして、ぱっと見、2020年春分からの一年は、民間人たちが新しい時代を率いるのだろうなということが読み取れます。

まぁ、実際すでにそんな感じですよね。

 

そして春分から間もなくの3月22日に土星が山羊座から水瓶座に移動します。

土星は約2年半ずつサイン(星座)を移動し、サインごとのテーマを実際的に消化していきます。

ざっくりと山羊座は社会の仕組みを象徴します。

この山羊座を普通に土星が通過するのであれば、社会の仕組みを形作るとかになるんでしょうが、今回は破壊と再生の星である冥王星を通過します。土星は歴史とか古くからのしきたりなどを象徴しますから、それらが壊れて再生の道へ向かうと読み取れるでしょう。

そして水瓶座は形あるものが壊れたときに残る普遍性を象徴します。

社会の仕組みや頼っていた柱・枠組みが壊れたとき、そこに残るかけがえのない大切なものは何なのだろうということを私たちはこれからの約2年半で学んでいくのだと思います。

その始まりとなるのが3月22日です。

この動きについては、また改めて書けたらいいなと思っています。

 

 3月24日

 そして3月24日に牡羊座での新月。何もかもが心機一転スタートの新月。

ここから過ごす1年のテーマのひとつは22日の土星移動で示されました。

そして今年は何でまぁこんなにも特徴的な新月満月が多いんだろうと思ってしまいます。

やっぱりただ事の年じゃないんだな。

 

 

f:id:desertrose2001:20200301180101p:plain

 

新月は☉太陽と☽月が合なのですが、この日の新月はキロンという小惑星も合のトリプルコンジャクション。*2

山羊座では♂火星・♃木星・♇冥王星がトリプルコンジャクション。その近くに水瓶座♄土星。

意味深な配置ですね~。

 ひとつには、自己の純粋性でしょうか。

建前とか立場とか、すべて取っ払っての自分。本当の自分らしさを思い出す旅の始まりと言えるかもしれません。

 

春分図と牡羊座新月時のチャートについては、できればまた改めて分析をしたいと思います。

 

かなり長い記事となってしまいましたが、めちゃ簡単に言うと、

2020年3月8日から3月24日までは、星の配置がかなり強力で、これはもう多くの人が影響を受けると思います。

その中でも、山羊座と蟹座は受ける影響が大きくなります。個人差ありますけどね。

あ、今思い出した。山羊座のトリプルコンジャクションと土星の間に、私はMC金星火星コンジャクションでございますよ。

まじですかー。(←今更)

くわばらくわばら。

大丈夫! きっと遣り甲斐のある2週間になるんだわ♡

それに備えて、今は気持ちゆっくりめで過ごします。

 

 

*******

ワークショップ・セッションなどのお知らせ→

*1:チャート作成 http://www.m-ac.com/

*2:天体が重なる(直列する)のをコンジャクションと言い、トリプルコンジャクションは3つの天体が重ることをいう。