多次元占星学と魔法生活

私が私であるための 新しい時代を生きる道しるべ・多次元占星学による日常的開運魔法生活と魔法の学校

水瓶座の時代へのステップ②|牡牛座天王星時代の話から

すみれ

 

 

 

前回の記事で大きな間違いがありました。ごめんなさい。

水星天王星合の日付を5月5日としていましたが、5月1日の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

尚、5月5日は太陽と水星が合(0°)です。

水星が天王星のエネルギーを受けて間もなく太陽とコンジャクションしますから、水星天王星合のエネルギーが発現することが考えられます。

ですので、前記事でお伝えした水星天王星合に関する内容は5月1日から5月5日まで影響が続くということになります。

 

 

 

白い花

 

 

 

 さて、本題に入ります。

「水瓶座の時代の到来」

そんな言葉を耳にした方は一定数いると思います。

その反面、なんだそれ?って方も多いかと思います。

この時代の大きな変化を読み取るには、水瓶座の時代とはいったいどういったものなのかを占星学から学ぶのは、とても有効であると私は思っています。

 

これから私たちはどのような世界に生きるのか。

 

それはあくまでも予想でしかありませんが、占星学では不思議と的を得た答えが返ってくるのです。

 

今、世界は変化の大波荒波の中にいます。

その中でどのように生きて行けばよいのかという問いを少しでも解決していくための指針に役立てればという思いで、このブログを書いています。

 

水瓶座の時代とはどのような時代なのかを知るためには、時代的水瓶座の性質を知る必要があります。

そしてその前に、水瓶座の時代のひとつ前の時代を知る必要があります。

「魚座の時代から水瓶座の時代へ」という言葉を聞いたことがある人はそれなりにいらっしゃるかと思います。

これは天文学的に言うところの春分点の移動からの話になるかと思います。

およそ2000年にも及ぶ時代のくくりからの変化を差し、それだけにとても大きな時代の変化ということになるわけですが、これだけ大きなくくりの変化となりますと、変化の過程の範囲もかなり広くなると思います。

占星学から見た時代性を作り出す惑星の移動に伴う変化は、グラデーションです。

夜明けを見るとき、暗闇から徐々に明るくなっていくように、時代の変化もその兆しから徐々に変化の様相を色濃くしていきます。

そしてその濃さが極まる頃には、象徴的となる出来事が相次いで、一気に世相が動いていきます。

今年はちょうどそうした年に当たります。

 

2000年単位での変化を考えると、それはとても壮大な話になりますので、ストーリー性としては非常にロマンがあってワクワクしますが、実際に今この現実を生きていく上で日常に落とし込むのはちょっと難しい面があるかと思います。

 

これから水瓶座の時代を生きるにあたって、大切なワードを人生に、そして日常に落とし込んで役立てるには、水瓶座のひとつ前のサインである山羊座的な社会からの変化と、昨年2019年春から本格的に始まった牡牛座天王星時代が象徴する価値観の変化を知ることによって、水瓶座の時代への移行をより身近なものとして引き寄せることができるでしょう。

 

 

まずは、牡牛座天王星時代の話をしましょう。

 

天王星は約84年でホロスコープを1周します。(公転周期)

そして1つのサイン(星座)を約7年で通過します。

2018年5月中旬、この天王星が牡牛座へ入りました。逆行により同じ年の11月初旬に牡羊座へ戻り、2019年3月初旬に再び牡牛座へ入って現在に至ります。

 

天王星は水瓶座の守護惑星ですから、この天王星が今在位している牡牛座についてを知ることは、水瓶座時代を考える上で欠かせません。

 

牡牛座は自然と物質的豊かさを象徴します。そしてそれに関連する経済、衣食住とその生産、蓄えることにつながり、そこから現実世界を生きる上での価値観を育みます。

 

天王星は先進的な改革者です。古い意識やモノコトを切り捨てて、新しい風を送り込みます。

テクノロジーも天王星が象徴することのひとつです。

 

身近なところでは断捨離というワードが日常的に使われるようになり、たくさんのモノを持つことが豊かと思えた時代からの変化が見られたこと、

またキャッシュレス化が進み、お金が前ほどリアルでなくなってきたことなどは、とても象徴的だなと思います。

 

世界規模に視野を広げると、ひとつには世界経済が大きく変化していくことが挙げられます。

もうひとつは、自然界に関することになります。

天王星はアクシデントも象徴します。

自然災害が私たち人類にとっての大きな脅威となることが予想されます。すでに、そうなってますよね。

 

農業も牡牛座の象徴とするところです。

農業をどのようにしていくかも大きなテーマとなります。

これから農業の在り方は大きく変わっていくでしょう。

お金を稼ぐための大規模農業は難しくなっていくと思えます。

・小規模農業(農業+α)

・自給率を上げる(国レベルから個人レベルまで)

・ネットワーク

これらは大きな鍵になると思います。

 

 

私たちが生きていく上で最も基本となることが牡牛座の象徴です。

・自然界との関わり

・衣食住に関すること

・経済

・現実的価値観

これらが大きく変化していく過程が天王星が双子座へ移動する2025~6年まで続きます。

 

今起きている現実界の変化の大波の中で、価値観という幸福感の物差しをどうするかはとても大きなテーマです。

これからの自分に合った物差しを見つけられたなら、生活の形がどうであろうとも豊かさを感じられるようになるでしょう。

天王星は独自性を象徴する惑星でもあります。周りと比べての優位性や、周りと同じであることが自分の価値を認める判断基準とする風潮は、もはや前時代的と言えます。

自分の「好き」をしっかりと意識することにより、自分独自の価値観が形成され、どのような生き方が自分らしいかが見え、そしてその先には楽しい生き方が見えて来ると思います。

 

 

-------------------------------------

人気ブロガー玉ちゃんとのコラボセミナー、明日5月5日20時開催です。
時間に余裕のない方には、後日配信でご覧いただけます。

 

お申込みは以下からお願いいたします。

https://t-mp1.net/golden/subscribe/hUyDwt

 

 *オンラインやTELでの個人セッションと個人レッスンの開始にあたり、

ASTRO LIFEというサイトを作りました。ここで料金のご決済をいただけます。

メニューからコースを選んで、予めメールフォームからご連絡をいただけると幸いです。