多次元占星学と魔法生活

私が私であるための 新しい時代を生きる道しるべ・多次元占星学による日常的開運魔法生活と魔法の学校

星の配置から見た10月の過ごし方

ダリア

 

 

太陽が乙女座から天秤座へ移動する秋分から数日が経ちました。

現在、多くの天体がカーディナルサイン(活動星座)にあり、前に進む、展開するといったエネルギーが強くなっています。

と言っても、火星は牡羊座で逆行しているため、気力体力に不足を感じて、やるべきことは山ほどあるのに追いつかない!と、サクサクとモノゴトが進んでいかないと感じられている方も多いのではないでしょうか。

 

また秋分からのここ数日間は、牡羊座火星と天秤座水星がオポジション(180°)の関係にあり、どちらが正しいかといったような言い争いが起きやすそうな配置になっていて、更にその中間地点に山羊座土星が加わって、Tスクエアという関係を作っていますので、実際にはどうしたらよいか、旧いやり方を改める、といったことが必要になりそうな配置です。

 

それから魚座海王星と山羊座木星とがセクスタイル(60°)の関係にあって、夢が広がることもあれば、手放さなければいけないことに向き合う流れになっている方もあるかと思います。夢に向かうために手放す!といったこともね。

 

今、木星と土星と冥王星が接近しつつあり、10月はこの三天体が手を取り合うような配置が続きます。

11月に入ると、木星と冥王星がギュッと距離を縮めて13日に0°コンジャクションとなり、その後は木星と土星が距離を詰めていきます。

 

動画でもお話した通り、この三天体の影響力は本当に強い!・・・はず。

 

もし今自分に起きていることが大変で苦しかったりしたとしても、それはこれから新しく開かれる人生へのプロセスなのだと思って向き合っていただけたらと思います。

ここは、地に足付けてしっかり峠を越えて行く。そんな時だと思っています。

 

と言っても力む必要はなくて、自分の最大限の力を出しさえすればよいのではないでしょうか。

 

 

それからまったく違う角度からのお話になりますが

 

この秋は、もしピンとくるものがあれば、懐かしい土地を訪ねてみてはいかがでしょうか。

来年から世界の風景は急速に変わっていくように思うのです。

日本で言えば、昭和・平成な風景が消えてゆく。どんどん全く違った景色に変わりゆく可能性が高いと思っています。

気になる場所は、いまのうちに心やカメラに収めておいた方がよいかも。

 

10月14日から11月4日まで水星が逆行です。

水星の逆行は交通や通信の遅延や障害が起きやすくなりますが、一方では振り返る期間とも言えます。
懐かしさに浸るのもよいかと。

 

10月29日から11月21日までは金星が天秤座にありますので、美しい秋の風景を満喫するのもよいのでは。

 

10月、あぁ旅に出たい!懐かしい場所を巡りたい!

でも、木星土星冥王星の影響をモロに受けている私にそのような時間が取れるのだろうか・・・。

 

時間の進行が3倍ゆっくりになってほしいと願う今日この頃です。