多次元占星学と魔法生活

私が私であるための 新しい時代を生きる道しるべ・多次元占星学による日常的開運魔法生活と魔法の学校

双子座新月の日の散歩から|見えないモノと向き合うとき

夕暮れの花|双子座新月の日に

 

 

本日は星読みではなくて、ぼんやりと思ったことを書きたいと思います。

 

昨日の夕方、久しぶりに外を歩きました。

 

引き籠っていようと思えば、いくらでも引き籠っていられてしまう私。

今日は久しぶりに雨も止んだし、あまりにも歩かない日々が続いて、このままでは足が退化してしまうと(笑)、夕方、もう日が暮れかかった時間に外に出ました。

 

風が気持ちよかった。

 

やっぱり歩くべきですね(笑)

 

始めはただ風を感じ景色を味わって歩いていたのだけど、そのうち色々頭に浮かんでくることがありました。

 

見えない世界と見える世界のつながりについて。

 

見えない世界と言っても、いきなりオカルト的な話ではないのです。

至極現実的なところから、精神的な世界、心の世界、そして不思議な世界を覗き見るのが私は好きです。

 

 

今年2020年は、新型コロナウィルスのパンデミックで世界がすごいことになりました。

世界が見えない相手と対峙せねばならない事態というのは、ある意味において、ひじょうにスピリチュアルな問題のように思います。

 

311のときもそうでした。

 

原発が爆発して、放射能という見えない物質が環境に広がり、私たちは見えない相手を意識せざるを得ない日々が続きました。

 

見えない相手と向き合わなければならないとき、なぜか人は本質的な部分が現れてくるように思います。

その人の中の普段見えない側面が表に出てくるといったような。

 

見えない、わからない、という状態はもやもやしてしまいますよね。

 

だから人は目に見えるもの、確かと思えることに信頼を寄せるのでしょうね。

当たり前と言えば、当たり前のことですが。

 

そうして私たちは目に見える世界を頼りに、物質文明を築いてきたのかもしれません。

そうしているうちに目に見える世界に囚われて、それだけを求め、見えない世界は見える世界と切り離されていったのかもしれないな、なんて。

物質的なことだけでなく、自分自身の存在確認となる肩書や社会的履歴や収入額など、誰にでもわかる言葉に置き換えられることも。

それは自分の存在確認だけでなく、他の人を認識するための材料としても。

 

けど、これらの認識しやすいモノコトに対して、人は無意識に評価をしていると思うんです。

好き・好きじゃない、などから、すごいな・ヤバいな・えっ?・ふ~ん・キラキラ✨といった説明し難い感覚にも、高い・低い、価値がある・価値がないなどの評価が混じっていたりする。

 

わかりやすい目に見えるモノ・コトを同じ地球上でとらえていながら、ひとりひとりがそれぞれの価値観で認識しています。

見ているモノ・コトはいっしょなんだけど、見え方捉え方は人それぞれなわけですよね。実は内面とつながっている。

 

そして複雑なのは、現代人は国というくくりに属して生きていかなければならないので、そこで生まれた義務や法律などのルールや、社会で作られたまたは自然発生した暗黙のルールなどを頭に染み込ませて、それらに沿って生きるように自分の内面を矯正しながら大人になって、大抵はそうしてずーっと生きていくわけですよね。

 

そうやって日常が、生活が、保たれるという。

 

そんな感じだと思います。

 

認識しやすい外側と認識しづらい内側はつながってはいるけど、そのつながりには歪みのようなものを抱えやすい。

 

社会の一員として生きていく上では、普段自分が隠している、もしくは無意識に内面の奥に押し込まれてしまっている感覚とか感情とか、考えとか、そうしたものは出てきてしまうと厄介だから無いもののようにしているようなことが、大抵の人にはあると思います。

出てきてしまうことが怖かったりする場合もあると思います。

どんなに自分に素直に生きていると思っている人でも、この世界に生きてきた上で知らず知らずのうちに取り込んで身に着けたベールのようなものは少なからずあるのではないでしょうか。

 

自己評価なるものは、その代表的なものかもしれません。

 

自分と思っていた自分は、自分の思い込みにより認識された自分かもしれません。

 

フィルターを通さずに100%まっさらな自分を見るというのは、それはそれでそう出来るものではないんだろうなとも思います。

 

ただ、今回の新型コロナウィルスによるパンデミックという見えないもの相手の非日常を経験する中で、素直な自分の気持ちに気付かれた方も多いんじゃないかなと思ったりします。

 

見えないウィルスに向き合うのって、人の内面性に向き合うことに似ているような、通じるような、そんな気がしました。

 

今まで重ねてきた知識だけではどうにもならない対象には、自分の素直な感覚でしか向き合えないというか、無意識に素直な感性でとらえてたりしているのではというか。

また、素直な感覚に思えるものは、実は刷り込まれた感覚かもしれないしといったような複雑さもあるでしょうし、見えない部分て奥深いですね。

 

物質文明の行き詰まりが感じられ、占星術的には社会構造が大きく変わるだろうと読める今年2020年、そんな年にウィルスという見えないものと否応なく向き合わされてしまった。

目に見える現実世界を目に見えないウィルスが変えていくと思えるようなこの不思議。

それはもしかしたら、ひとりひとりが内なる自分の声に気付くことこそが心と頭のつながりの歪みを癒し、現実を、そして世界を変えるきっかけをつくってくれているのかもしれないなぁ。

そんな不思議をぼんやりと思いながら、てくてく歩いた双子座新月の散歩でありました。

 

その頃ちょうど空では双子座の水星と金星がコンジャクションで魚座の海王星とスクエア。あぁそうね、こんなこと頭に浮かぶよね的な配置だったのでした。面白しろいな、不思議だな。

 

***

サクラスミレの部屋にお招きいただきました。
ご覧になってない方、よろしければご覧ください♡

 

youtu.be

 

youtu.be

 ***

5月26日夜は、玉ちゃん企画のZOOMを使った玉ちゃんとのコラボセミナーです。

20時スタート!

これからの経済と覚醒についてなどをお話したいと思っています。その他いろいろ?

タイミングが合わなくても、後で動画をご覧いただけます。

お申込みは以下からお願いいたします。主催は玉ちゃんです。

https://t-mp1.net/golden/subscribe/hUyDwt

 

その他WSやセッションメニューを載せた魔法の学校のページもご覧ください。

魔法の学校 - 多次元占星学と魔法生活

 

セッション・レッスン・WSのお申し込み問い合わせはこちらから

ws.formzu.net